当院におけるお願い

当院は「どこへ行っても良くならなかった方々の最後の砦となる治療院」として1986年にスタートしました。

今回、当院にご来院頂いたということは医師より「手術しかない」「治すのは難しい」と診断された。

もしくは、いくつかの治療院を訪ね、それでも改善せず今に至ってしまったからでしょうか。

昨今、東洋医学や現代医学では、“対症療法”が主流です。それに比して我々の施術は”原因療法になります。

それは、「本来の原因箇所」を全身から探し出し、根本的に症状を取り去るという発想から生まれた治療法です。

これには高度な診断能力が必要とされ、根本的な解決を見込めます。

ただし対症療法のように、お薬で一瞬のうちに痛みが消える感覚に慣れている方にとって、「時間差」で改善が起きる当院の原因療法は改善まで時間がかかる印象を持たれるかもしれません。

また、直接痛みやシビレのある患部を触らないことも多いため、「本当にそんな治療で治るの?」と不安を感じるかもしれません。

その場合、もし気になることなどございましたら些細なことでも結構です。気経に担当者までお尋ねください。

我々はできるだけご納得いただけるご説明をさせて頂きながら、患者様を不安なく完治まで導きたいという想いで日々施術にあたっております

治療後の留意点

当院では「天道脈診経絡整法(てんどうみゃくしんけいらくせいほう)」という特殊な施術法を行います。

この施術法は、治療後に「はげしい眠気」「だるさ」「微熱」「節々の痛み」など、様々な症状が出ることがありますが、それらはすべて身体にとって必要な反応ですのでご安心下さい。

なお、「白井メソッド」という施術では擦過や牽引、押圧なども行うため、皮膚の赤みや内出血、爪痕が残るといった反応も出る場合がございます。

これらは治療の過程でどうしても出てしまう反応ですので、ご了承の程よろしくお願い致します。

もし反応が出たとしても2、3日以内、長くても1週間以内には落ち着きますが、ケロイド体質等がありご心配な方はご遠慮なくお申し出くださいませ。

予約の取り方・注意点

予約は、来院時に受付で予約、web予約、LINEまたはお電話でお願いします。

受付では翌月末まで、web予約では30日後まで何回でも予約をお取りできますので、最低でも2週間先までは予約をお取りすることをオススメします。

遠方の方、またスケジュール調整が難しい方は、スムーズな治療を行うため、1日2回まで続けて予約頂くことが可能です。

また、予約をキャンセル・変更される場合は必ず2日前までにご連絡をお願いします。

当日キャンセルされた場合は、診察料を満額請求させていただく場合がございますので、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

予約時間に遅れた場合、治療時間が短くなるか、時間を確保できずに当日キャンセル扱いになり、お断りさせていただく場合がございます。余裕を持って、予約時間の5分前には待合室でお待ちください。

※院内では、携帯電話は電源を切り、ご使用をお控えくださいますようご協力をお願い致します。

当院は脊柱管狭窄症・すべり症専門ですが、下記症状についても改善が可能で

腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎分離すべり症・腰椎分離症・腰椎椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・仙腸関節痛・坐骨神経痛・梨状筋症候群・慢性腰痛

股関節痛・股関節炎・変形性股関節症

膝関節痛・膝に水が溜まる

足関節痛・アキレス鍵炎・踵骨炎・かかと後ろ、裏の痛み・モートン病・足底腱膜炎、筋膜炎

頸部脊柱管狭窄症・頸椎すべり症・頸椎椎間板ヘルニア・頸椎症・むち打ち(交通事故等)・寝違い、筋違い・首こり肩こり・五十肩(肩関節周囲炎)・頭痛、頭重感・喉のつまり感・息切れ・肋間神経痛・腕、手のしびれ・頸肩腕症候群・胸郭出口症候群・顎関節症

腱鞘炎・手関節炎・手根管症候群・テニス肘・ゴルフ肘・コンパートメント症候群

オスグッド・シンスプリント・有痛性外脛骨炎・長脛靭帯炎(ランナー膝)・ジャンパー膝・子供の腰痛・起立性調節障害・冷え性・原因のわからない痛みやしびれ等の症状

西住之江鍼灸整体院