ご挨拶 タケヒコ すべり症

代表あいさつ

整体師写真

はじめまして。白井雄彦(右側)と申します

私が整体の道を志した理由は、中学の部活柔道の練習で腰椎ヘルニアになり、病院や色々な整体に通いましたが回復できず苦しんだ経験からです。

その頃6歳年上の兄が柔道整復師になり整体への可能性を知り、ヘルニアを改善できる整体を学びたい一心で、まずは兄と同じ国家資格取得のため柔道整復師・鍼灸師の道に進みました。

そして整形外科や整骨院の勤務経験を経て1986年に大阪市住之江区に「西住之江接骨院」を開院しました。

今年で34年になりますが、身体の不調を訴えて来院してくださる方に良くなってもらいたい一心で、今も整体一筋に取り組んでいます。整体への情熱は今も20歳の時のままです!

そして、長男も鍼灸師・整体師となり他院での施術経験を経て西住之江接骨院で働き始めました。

その頃より慢性腰痛の方が多く来院されるようになり(接骨院では慢性疾患は保険適用できない為)「西住之江整体院」と院名を変更、また2011年からは長男の白井天道(左側)が院長として整体院を牽引してくれるようになりました。

私は、今までの整体経験をいかし65歳以上の方の施術に専念させていただいています。(息子の院長は64歳までの方を担当しています)

今では、たくさんの口コミやご紹介をいただき、全国で一番の坐骨神経痛・足の痛みしびれ専門院となりました。(治療院最大手の口コミサイトヘルモアより)

脊柱管狭窄症は、年齢と共に進行していき、放っておくと寝たきりになってしまう怖い病気です。

もしあなたが、すべり症でお悩みなら、ぜひ当院の施術を受けてみてください。

あなたからのご連絡お待ちしております。