施術内容 椎間板ヘルニア

なぜ他院では改善できないのか?

ほとんどの治療院では、椎間板ヘルニアの痛みの原因は、

  • お尻の筋肉のコリ
  • 骨盤の歪み

と考えて施術することがほとんどですが、

施術した後だけ少し楽になって、根本的には改善されないことがほとんどです。

理由は、椎間板にアプローチしていないことです。

「椎間板ヘルニア」痛みの原因は腰椎のねじれ

ねじれというのは、椎骨(うしろの棘突起)が10度の傾きにも満たないほど、左右どちらかにねじれているという状態です。

これはレントゲンを撮っても映りません。レントゲンでは椎骨と椎骨の隙間や前後のずれは推測できますが、ねじれまでは判断できません。

しかし、私が触診で背骨を両手ではさんで上から下になぞると、腰椎のあたりで背骨が右か左にねじれているのがわかります。

腰椎のねじれが原因の症状なのに、消炎鎮痛剤や薬、注射やリハビリなどの療法を施しでも(一時には症状はよくなっても)、すぐに痛みやシビレがぶり返してしまうでしょう。

では、症状を軽くするにはどうすればいいでしょう?

答えは簡単です。

ねじれを元に戻せばいいのです。

実際に、腰椎のねじれを確認できた患者さんにそれを正す施術(無痛で安全)をすると徐々にまっすぐになっていき、症状もよくなっていきます。

人によってはその場で痛みやシビレが改善するケースもあります。

腰椎がねじれると、椎間板も同時にねじれてしまいます。柔らかいクリームを挟んだビスケットを想像してください。

硬いビスケットは、椎骨です。柔らかいクリームが椎間板です。上下のビスケットをねじるとなかのクリームがはみ出しますよね。

これが椎間板ヘルニアの状態です。