雑誌やメディアにも掲載されました!

  • 病院でレントゲン・MRI画像から脊柱管狭窄症と診断された
  • 腰に痛みはなく、腰から下の痺れがある
  • 長い距離は休憩しながらでないと歩けない
  • 腰を伸ばすと腰や足に痛みや痺れが出る
  • 病院で痛み止め、神経の流れをよくする薬を飲んでいるが効果がない
  • 医者からは手術しかないと言われた

もう大丈夫、改善する方法があります。

脊柱管狭窄症についての説明や、当院の施術方法などを細かく説明していますので、少し読み進めてください。

大阪市在住 Iさん

兵庫県在住 Sさん

脊柱管狭窄症による症状でお悩みの方はほとんどの方がこのような状態になられています。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、腰への負担や老化などの原因で、椎間板や靭帯、骨が変形したり肥厚して脊柱管が圧迫されて、その内腔が狭まったときにおこります。

脊柱管が狭まることで、中に通っている脊髄神経が圧迫されて障害をおこすことで、主に足への痛み、しびれや坐骨神経痛をおこします。足の症状だけで腰痛は全くない場合もあります。

足の痛み、しびれや腰、臀部の痛みの他に特徴的な症状として、「間歇性破行」をおこします。

安静時は特に症状のない人が数分間歩きつづけていると、足のしびれや痛み、ひきつりや脱力感や筋力低下がおこり、歩きにくくなったり歩けなくなります。

そこで、しばらく座って休んでいると痛みやしびれ、脱力感がとれてきて、また歩けるようになる状態を間歇性破行といいます。

これは脊柱管狭窄症では、立位で歩くとか腰を反らす状態で脊柱管が狭まってせまくなります。
やや腰を前かがみにしていると、脊柱管は狭まりにくくなるためにカートや押し車を軽度前屈位で押していると症状が出にくく楽なことが多いです。

背骨の椎体と椎弓の間の管状の空間のこと。
背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。背骨は椎体という柱の部分と、椎弓という椎体と椎体をつなぐ関節になる部分ででいています。

その間にある椎孔という隙間が積み重なってできるのが脊柱管です。
脊柱管の中には、脊髄神経が通っていて、硬膜やクモ膜などの膜でおおわれて、内部には脳脊髄液が流れています。

脊髄は脳から続く中枢神経であり、脳の延長と考えられます。脊柱管はその大切な中枢神経を守る役割があります。

腰部脊柱管狭窄症の症状は、

「腰を反らすと痛み、しびれが悪化する」

「歩いていると足に痛み、しびれがでる」
「間歇性破行」「下肢の筋力低下や麻痺」

「会陰部の異常感」「排尿、排便障害」

などですので、それらの有無でおおよその診断がつきます。

そのうえで確認のために画像検査を行います。レントゲンやCDの骨の位置関係、変形の程度をみてMRIで、椎間板や靭帯の変化の状態や神経の圧迫の度合いを詳しく調べることができます。

挨拶がおくれました。こんにちは!西住之江整体院 院長の白井天道です。

当院は父の代から合わせて開業して30年になります。

今では父の後を継ぎ院長をさせていただいておりますが、父もまだまだ現役です!

私と父は二人とも腰痛持ちで若い頃から苦しんでいました。今ではお互いに施術をしあっていますので快調です(^_^)

そんなこともあり、近年増加してきている脊柱管狭窄症で悩んでいる方を救いたい!という気持ちで親子共々頑張っております。

当院は地域で唯一の脊柱管狭窄症専門院です。毎日30名以上の脊柱管狭窄症で悩んでいる方が来られています。

あなたが苦しんできた脊柱管狭窄症の痛み、しびれ、辛さを解決することができますよ。

なぜなら、私には脊柱管狭窄症の根本の原因を改善させることのできるノウハウ、技術があるからです。
脊柱管狭窄症を治すには、その原因を深く正確に知ることが必要です。

 

れは、

「原因の大もととなる長年にわたる身体の負担」

「脊柱管狭窄症を発症するにいたる最近数年間の体の変化」です。

ほとんどの治療院が、この大きく分けた2つの原因を分類せずに治療をするため、良い結果を出すことができません。
この分類は、脊柱管狭窄症に特化して専門に施術をおこなう当整体院の強みです。

れは3種類に分けられます。

①長年にわたる、悪い姿勢による負担。

②長年にわたる、間違った体の使い方による身体の負担。

③長年にわたる、うまく休養が取れなかったことによる疲労の蓄積による身体の負担。

れは4種類に分けられます。

①椎間板の変性で脊柱管を圧迫する

②椎体、椎弓の骨の変形で脊柱管を圧迫する

③靭帯の肥厚により脊柱管を圧迫する

④すべり症や側弯症、背骨の歪みで脊柱管を圧迫する

長年にわたる悪い姿勢による体の負担の施術

悪い姿勢による体の根本的な歪みを治す必要があります。当整体院の整体法は、ごく軽い刺激で骨を動かして歪みを取ることができます。

長年にわたる間違った体の使い方による体の負担の施術

間違った体の使い方とは、いつも片足に体重がかかっているとか、人の話を聞くときに細かく首を縦にふるなどの自分では気づいていない「クセ」のようなものです。

そのクセを見つけること、それを無意識で行っている「脳」の間違ったクセを訂正できるように、手技を使って脳の働きを整えます。

長年にわたるうまく休養がとれなかったことによる疲労の蓄積による体の負担施術

長年にわたる疲労の蓄積をとるには、身体の深部に働きかけるような特別なテクニックが必要です。
疲労は体のコア(中心)にたまっていますので、細かい振動を使って深部を動かし、血流を促進し、疲労を取り除きます。

椎間板の変性で脊柱管を圧迫することへの施術

椎間板を治すためには、脳脊髄液という脳と脊髄を調整する液の流れをよくします。

この液は脊柱管の中を巡っていますので、この流れがよくなると椎間板が回復し、状態が良くなります。

また、椎間板への圧力を均一にしてなるべく減らすように手技をおこないます。

椎体、椎弓の骨の変形で脊柱管を圧迫することへの施術

骨の変形を予防、軽減させるには、無理のない適切な運動が必要です。
ただし、脊柱管狭窄症の方には背骨に負担をかけるような動き、運動のクセがありますので、正しい動きができるようにする必要があります。
ですので、正しい動きができるように整体の手技で背骨の動きを整えます。

靭帯の肥厚により脊柱管を圧迫することへの施術

靭帯の肥厚に対しては、椎間板の変性の施術と同じように脳脊髄液の循環を改善する必要があります。
また、腰椎椎間関節の負担を減らして動きをなめらかにするために整体の手技を行います

すべり症や側弯症、背骨の歪みで脊柱管を圧迫することへの施術

すべり症や側弯症、背骨の歪みを治していきます。足関節、膝関節、股関節の調整をします。それから骨盤、背骨の歪み、ズレを調整します。
腰の部分的な歪みに目がいきがちですが、歪みは全身の歪みから腰への負担で起こりますので、全身の調整が必要です。

 

 

当院では、合計7つの原因に対して施術をすることで、たくさんの脊柱管狭窄症で悩む方が改善されています。

その一部をご覧ください。

車椅子だった生活が、歩いて仕事に行けるようになりました!

腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアで足が痺れて歩けなかった

大阪市天王寺区 60代 会社員 中村さん

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

痛みもらくになったし、写真を見て「えっ!」と思うくらい変化がありました。

アンケート用紙

あなたが悩んでいたことは?

歩けなくなってきたので、病院に行ったら脊柱管狭窄症と言われました。
まっすぐ立てませんし、10分以上の歩行ができません。
寝ていても痛みがひどく、寝られない日もあります。
ずっと立っていられません。

 

当院の施術を受けられていかがでしたか?

びっくりです。痛みもらくになったし、写真を見て「えっ!」と思うくらい変化がありました。

H.Mさん 70代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

趣味のウォーキングも楽しめるようになりました。

お客様写真
アンケート用紙

あなたが悩んでいたことは?

膝関節痛とO脚、脊柱管狭窄症と腰椎の変形でした。

 

当院の施術を受けられていかがでしたか?

以前は他の接骨院に通っていましたが、なかなか良くならず、こちらに通いはじめて、2~3回目の治療で膝関節痛は良くなり、趣味のウォーキングも楽しめるようになりました。

 

H.Yさん 60代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足腰も楽になり、とても喜んでいます。

お客様写真
アンケート用紙

あなたが悩んでいたことは?

足の付け根が20分くらい歩くと痛くなり、病院で脊柱管狭窄症と言われました。2週間くらい前から頭が重苦しく首コリというか毎日たまらない日を送っていました。

 

当院の施術を受けられていかがでしたか?

骨のゆがみが原因であることを知り、治療を受けると、あれほど苦しかった頭の重苦しさもなくなり、足腰も楽になり、とても喜んでいます。

また、徳島に住んでいるため、こういう医院がなく全国にあればと願っております。

柳田 広子さん 70代 女性 徳島県

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腰の痛みと背中が少しづつ伸びて気持ちがいいです。

お客様写真
アンケート用紙

あなたが悩んでいたことは?

4年前から腰痛がありまして、脊柱管狭窄症とすべり症と言われ、どこか施術して下さるところはないかなと思っていました。
もっと早く来れば良かったと思います。

 

当院の施術を受けられていかがでしたか?

7月3日から7回の施術をしていただいていますが、腰の痛みと背中が少しづつ伸びて気持ちがいいです。これからも宜しくお願い致します。

がまんしないで、1日も早く白井先生に施術していただいたほうがいいですよ。おすすめします。

大喜多さん 大阪市 70代 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

脊柱管の症状改善に「姿勢」は不可欠になります。

当整体院の治療を受けた方の姿勢の変化もご覧ください。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

地域唯一の「脊柱管狭窄症専門院」で病院・鍼灸でも治らない症状も対応します。

大阪などでも近年、腰痛専門などという治療院をちらほら見かけますが、「脊柱管狭窄症専門」という所は当整体院だけです。

一般的な腰痛、ヘルニアであれば筋肉や骨盤の歪みを施術すれば改善しますが、脊柱管狭窄症の場合は、骨の変形や靭帯の肥厚などの状態がありますので施術が難しくなります。

当院では脊柱管狭窄症の方が一日に30名以上来院されおり、おそらく全国の整骨院・整体院で1番、脊柱管狭窄症の方が来院されています!それだけ経験も豊富で骨の変形や靭帯の肥厚などにもアプローチできる施術を行っています。

口コミサイトで全国1位を獲得、テレビや雑誌にも紹介された施術です。

整体・マッサージの口コミサイト「ヘルモア」にて全国1位を獲得(平成27.10現在)

そして、口コミサイト最大手「エキテン」にて、「住ノ江駅」のエリア、「整体」「カイロプラクティック」のカテゴリでダントツ1位を獲得しております。
また、過去にテレビや雑誌にも紹介されている施術です。

毎回担当するのはプロを教えるプロです!

当院の院長と父である代表は、全国の治療家に技術を教えるプロ中のプロです。

その技術力の高さから、患者様は北は北海道、南は宮崎県から来院される方もおり、電車や車で1時間かけて来るかたが後をたちません。

そんな私達があなたを毎回担当しますので、お身体の状態をきちんと把握しながら施術をすすめることができます。

 

父の代から開業34年の実績!

最近、たくさんの整骨院や整体院を見かけますが、整骨院や整体院の9割が10年以内に閉院している事実をご存じですか?

当院ではおかげ様で、父の代から合わせて30年が経ちました。これはたくさんの方に施術を通して、喜んでいただいている証だと私は誇りに思っています。

そして今では、長年の経験から生まれた施術技術と、最先端の施術技術を組み合わせて他院には真似のできないレベルの高い施術をさせていただいております。

安心して通える整体院

  1. 国家資格を持っていますので身体を診るプロです。
  2. レントゲン、MRIを診て細かく説明できます。(お持ちの方は、初診時にお渡しください)
  3. 初診の際にお身体の状態、原因などをきちんと説明します。
  4. 日常生活での注意点やセルフケアなどもお教えします。
  5. 予約を無理にとりません。
  6. 予約制なので、あなたの大切な時間を無駄にしません。
  7. 受付スタッフは30代、40代の落ち着いた女性で話やすい方です。
  8. 一軒家の1階で広々とした院内です。

当整体院は現在、既存の患者様でご予約がほとんど埋まっている状態です。ですので、新規で来られる方の人数を1日2名に制限させていただいております。

施術について

当整体院は、坐骨神経痛・足のしびれの改善を目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。

『長い時間してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。

通院について

脊柱管狭窄症による足の痺れの改善は、一般的な腰痛に比べて時間がかかります。

中には1回目の施術から、痛みや痺れがなくなる方もいらっしゃいますが、根本的な改善を目的とした場合、何度か通院していただく必要があります。

ですので、初回にお身体の状態に合わせて通院回数・期間を説明させていただいております。

※予約を強要したり、回数券や物品をおすすめすることは、一切ありませんので安心してご来院ください。

もしも、

当整体院に通院する時間を作れない方や、「今日はたまたま時間ができて、普段は来ることができません」という方には、はじめから来院をお断りしております。

その時だけ何とかしてほしいという方は、病院でブロック注射をしてもらうことをおすすめします。

ブロック注射が効かないという方は、ご自身の健康のためにお時間を作っていただけるのなら、当院にお越しください。

ご理解とご協力のほど、宜しくお願いします。

予約について

現在、当整体院は脊柱管狭窄症に悩まれる方がたくさん来院されています。ご希望の時間に予約を取れない方もいらっしゃいますので、

もしも予約した日にどうしても行けそうにない場合は、できるだけ早めに当整体院にご連絡ください。

急なキャンセル、ドタキャンは予約が取れない方に大変なご迷惑がかかります。皆様がスムーズに施術を受けられるようにご協力をお願いいたします。

当整体院には、20年位より、多くの脊柱管狭窄症と病院で診断された方来院されるようになりました。

これは、20年位前からMRIが一般的に普及するようになり中規模の病院で検査できるようになってからです。

これにより脊柱管狭窄症と診断される方が近年ますま増加しています。

 

もちろん、高齢化社会で脊柱管狭窄症になりやすい年齢の方が増えたのも原因でしょう。

 

脊柱管狭窄症は進行性の疾患で、そのままにしておいても改善は見込めませんし、加齢と共にほとんどの方が悪化します。

また、運動が良いと言われていますが、脊柱管狭窄症の方の場合、運動の基本である歩行が制限されているため、運動のみで治すことは困難です。

 

そこで全国でもめずらしい脊柱管狭窄症専門整体院である当院の施術を受けてみられればいかがでしょうか?

 

満足の結果を提供して、充実して楽しい人生のお手伝いをさせていただければと願っています。

アクセス

Google Mapで見る

地図で見る

初めての方でも安心!院内をすべてのぞき見ることができます!

はじめて行くところって、どんなところか気になりませんか?

当院では初めての方でも安心して来院していただけるように、googleインドアビューという院内を360°見渡せる写真を掲載しています。

画面に表示される〇、矢印をクリックすると前に進みます。

受付から施術スペースまで全て見ることができますので、ぜひご覧ください。

ちなみに個室が3部屋ありますので、施術中の会話も周りに聞こえにくくなっていますので安心してください。