整体施術のご紹介

西住之江整体院では、独自の治療法則「白井メソッド」を駆使して早期に根本改善を目指しています。

当院では、腰痛・坐骨神経痛・足の痛みとしびれの原因を、

  • 腰椎のねじれ
  • 筋肉のこり固まり

だと考えています。

 

初回に腰椎のねじれを矯正して、症状が楽になれば2回目からは全身のねじれを整えて腰椎のねじれが出ないように施術します。

症状にあまり変化がなければ、筋肉のこり固まりが原因になります。

(どこに筋肉のこり固まりがあるか簡単な検査をします)

以上のように、他院では改善しない症状も「白井メソッド」で原因を特定して、早期に根本改善が可能です。

ここからは、当院が行う治療法である、

  • 腰椎ねじれ矯正
  • 筋細胞リリース(筋肉の治療)

について説明します。

腰椎ねじれ矯正とは?

西住之江整体院では、

  • 腰椎疾患のべ9万5000人の施術経験
  • 開業から2代目30年以上の実績
  • AKA療法・AKS療法の習得

により腰椎ねじれ矯正を開発しました。

見た目でわかるものから、病院ではわからないものまで、腰の骨を左右の中指で挟んでスーっとなぞると腰椎のねじれがわかります。

3つの関節を治療する

腰椎のねじれの原因である、2つの関節を治療します。

  1. 肋椎関節
  2. 椎間関節
  3. 仙腸関節

これらの関節を、術者の手によって触れる程度のわずかな力で刺激することにより、骨盤から胸椎の回旋が正常に働き、腰椎のねじれが矯正されます。

他の矯正治療との違い

西住之江整体院の開発した腰椎ねじれ矯正は、

  • 触れる程度の優しい刺激なので安全・安心
  • 超短時間(3分)の関節刺激で改善効果がある
  • 治療効果が持続するので根本治癒が期待できる

といった他の矯正治療との違いがあります。

腰椎のねじれが痛みやしびれを起こす理由

関節とは

図のように、骨と骨のつなぎ目のことを関節と言います。

互いの骨同士が接する関節面には軟骨があり、滑らかな関節運動を可能にしています。

そしてこれらの関節をやさしく包み込み、痛みや動きをコントロールしている袋があります。

これを 関節包(かんせつほう)と言います。

関節包(かんせつほう)の役割

関節包には様々な働きがありますが、その1つに、関節の異常を痛みとして大脳に教えている(関節保護)の役割があります。

腰椎がねじれて、関節の動きが悪くなると、関節包が異常を感知し、大脳に問題があることを伝えます。これを脳が感知すると痛みを感じます。

このように脳が感知して痛みを感じるので、腰周辺の痛みだけでなく、下肢に痛みやしびれなどの症状を引き起こすこともあります。(関連痛)

西住之江整体院が提供する根本治療のしくみ

Step. 1 腰椎のねじれを優しく矯正する
Step. 2 関節が滑らかに動くようになる
Step. 3 関節包(かんせつほう)が正常な状態に戻る
Step. 4 痛みやしびが改善される

薬を服用しても、手術をしても、痛みが改善されないのはこのためです。

根本治療には関節包(かんせつほう)を正常に戻す、当院の腰椎ねじれ矯正しかないのです。

筋細胞リリースとは?

AKS療法の開発者である山内義弘先生が考案した、筋肉の治療法です。

当院では、腰椎ねじれ矯正では改善しない症状に対して使用します。

筋細胞リリースとは、術者の手によって筋内の最小単位である筋細胞の機能を向上させることにより、痛みや身体の動きを改善する治療法です。

主に筋肉の中に起きてしまったこり固まり(筋繊維内細胞が縮みっぱなしで伸び縮み出来ない状態)を改善することにより、筋肉が持っている本来の伸び縮み機能を引き出す技術です。

筋細胞リリースによる主な効果

  • 「痛み」「しびれ」「重だるさ」「つっぱり」「こり感」などの症状の改善
  • 運動パフォーマンス向上などの動きの改善

筋細胞リリースの治療感覚

問題のある筋肉を患者様ご自身に軽く動かして頂きながら、術者がやさしくこり固まりのある筋を引き延ばしていきます。

筋肉が次第に伸び縮み出来るようになる感覚を実感して頂けます。

※写真はお尻の筋のこり固まりに対する筋細胞リリースです。

マッサージや普通の筋膜ストレッチでは改善出来ない筋肉の「こり固まり」

なぜ、普通のマッサージや筋膜ストレッチでは痛みが改善しないか?

それは…

  • こり固まりを押すマッサージなどの刺激は、繊維を傷つけ、更に筋をこり固めてしまう
  • 普通の筋や筋膜のストレッチは、筋の表面が引っ張られるだけなので、筋のこり固まりがほぐれないどころか関節に負担を与えてしまう
  • マッサージや筋膜リリースの刺激は、筋の外側から刺激を与えるのみなので、筋肉内の繊維自体の動き(伸び縮み)が改善されず、効果が長続きしない

筋細胞リリースの最大の特徴

筋細胞リリースの最大の特徴は以下の3つです。

  1. どの筋肉に、こり固まりがあるかを簡単にそして正確に検査できる(解剖学的根拠)
  2. 筋肉のあるポイントへの刺激により筋内のこり固まりを緩めることが出来る(大脳や脊髄を利用した生理学的根拠)
  3. 患者様自身に筋肉を軽く動かしてもらいながらストレッチすることにより、筋内細胞のこり固まりをパラパラにほぐすことが出来る(運動学的根拠)

筋肉を細胞内部から改善する筋細胞リリースは世界唯一です。