椎間板ヘルニア

若い頃から椎間板ヘルニアで困っていたが、再度強い腰の痛みが発症して病院で検査を受けたら脊柱管狭窄症と診断された!

当院へご来院の方にも、こんな方が多いので記事にしてみました。

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状

脊柱管狭窄症

  • ・腰を後ろに反ると痛い
  • ・じっとしていると痛くない(座っていても)
椎間板ヘルニア
  • ・体を前に曲げると痛い
  • ・座っていても痛い(ひどい場合、寝ていても痛い)
脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの違い
・椎間板ヘルニアは神経を前から圧迫します。
・脊柱管狭窄症はじん帯で後ろから圧迫します。
脊柱管狭窄症狭窄症と診断を受けていても、椎間板ヘルニアがきつい場合もあります。

椎間板ヘルニアからも脊柱管狭窄症になる

座り姿勢が悪い、中腰姿勢が多い。この状態が続くと、腰への負担がどんどん増して背骨や椎間板がズレたり狭くなって椎間板ヘルニアになってしまいます。
このように、若い頃から腰への負担をかけすぎたことが原因で椎間板ヘルニアになり、椎間板ヘルニアを長年患ったまま慢性化して、脊柱管狭窄症を発症してしまっていることが非常によくあります。
他には、すべり症から脊柱管狭窄症になる場合もあります。
ですので、若い頃からヘルニアやすべり症などのような腰痛を持っている人は、脊柱管狭窄症を発症しやすいので気を付けましょう。
当院の患者様でもこんなことがありました。整形外科に行って、レントゲンとMRIを撮ると椎間板ヘルニアと言われた。そして、違う病院で診てもらったら脊柱管狭窄症と言われた。
これは、両方間違いではありません。

座り姿勢が原因?

なぜ、座り姿勢が悪かったり、中腰姿勢が多いとなぜダメなのか?
これは、仙骨がポイントです。仙骨は骨盤の真ん中の三角の骨のことですが、仙骨の上には背骨が乗っています。
腰を丸めて(猫背)座ったり、椅子に浅く座ったり、地べたに座ったりしていると、背骨が引っ張られて仙骨が後ろにズレてきて *背骨のS字カーブがなくなってしまいます。
仙骨がズレると、背骨も身体を支えるためにズレてきます。
この状態が長く続くと、すべり症やヘルニア、そして脊柱管狭窄症を発症してしまいます。
*背骨のS字カーブ
本来背骨は、緩やかにカーブしています。ずっと腰を丸めて座っていると、腰の反りが無くなってきて全体的に、背骨がまっすぐになってしまいます。
背骨がまっすぐになると、上半身の体重が分散されず腰に集中するため腰への負担が増大してしまいます。
■当院では、独自の施術方法で仙骨や背骨のズレを限りなく調整する施術で痛みやしびれを改善しています。

対策

■中腰が多い方はできるだけ、足の力で踏ん張って重い物を持つようにしてください。
脊柱管狭窄症の症状がキツイ場合は、膝を抱えて腰を丸めるようなストレッチをすると楽になります。
■腰椎ヘルニアの場合は、丸めると痛いので腰を反るストレッチをして下さい。
■マッケンジー体操と呼ばれるストレッチを、無理の無い範囲でして下さい。
■当院では、脊柱管狭窄症でも腰椎ヘルニアの要素があるのできる範囲で腰を反る体操をやっていただいてます。
■座りっぱなしの時間を減らして、歩くことが大切です。
■もし、歩けない歩くのがきつい方は、当院で歩けるようになる施術と指導を行っていますので、ぜひご連絡ください。

1時間歩けて旅行に行ける

お客様写真

脊柱管狭窄症/ヘルニア

整形外科に数年通っていましたが一向に良くならず悩んでいました。整体を受けて、1時間以上歩けるようになり旅行を計画できるまでになりました。

施術時の宿題(体操)は毎日欠かさず1日3回頑張りました。

東大阪市 本間さん 75歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

20mしか歩けず痛み止めの点滴も効かなかったのが…

お客様写真

脊柱管狭窄症

20m歩くときつく、立っていられるのは10秒でした。

痛み止めの点滴も全く効かなくなり来院。今では、何時間でも歩けるようになり、足のしびれも感じなくなりました。

大阪市西淀川区 山口さん 66歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

子挨拶

施術家写真

私たち2人も腰痛に苦められた経験があります。

西住之江整体院 院長の白井天道です。
当院は父が昭和61年に西住之江整体院を開院して以来、今年で32年が過ぎました。
2人とも坐骨神経痛で苦しみ整体で克服した経験があります。その辛い痛み・しびれの経験を、腰痛で苦しまれている方のために役立てたい、こんな思いで日々研鑚しているうち、気付くと改善の難しい脊柱管狭窄症やすべり症で来院される方がどんどん増えていきました。

今では、毎日30名以上の脊柱管狭窄症やすべり症で悩んでいる方が来院し、地域で唯一の脊柱管狭窄症/すべり症専門院となりました。

もしあなたが、が脊柱管狭窄症やすべり症でお悩みなら、ぜひ当院の施術を受けてみてください。
あなたからのご連絡お待ちしております。

専門家の育成もしているプロの先生があなたを担当します

料金

電話番号

メールで問い合わせ

地図

〒559-0005 大阪市住之江区西住之江2-11-6

 

電車でお越しの方

南海本線 住ノ江駅から徒歩5分
阪堺電車 我孫子道駅から徒歩5分

住ノ江駅、我孫子道駅から西住之江整体院までの詳しい道順はコチラ

車でお越しの方

専用駐車場

■阪神高速「住之江」 ■湾岸線「鉄炮」出口からも近くて便利です!

■阪神高速「住之江」湾岸線「鉄砲」出口から当院までの道順はコチラに掲載あり

7つの施術内容

1

長年にわたる悪い姿勢による体の負担の施術

悪い姿勢による体の根本的な歪みを改善する必要があります。当院の整体法は、ごく軽い刺激で骨を動かして歪みを改善していきます。

2

長年にわたる間違った体の使い方による体の負担の施術

間違った身体の使い方とは、いつも片足に体重がかかっているとか、人の話を聞く時に細かく首を縦に振るなど自分では気づいていない癖のようなものです。

その癖を見つけること、それを無意識で行っている脳の間違った癖を訂正できるように手技で脳の働きを整えます。

3

長年にわたるうまく休養がとれなかったことによる疲労の蓄積による体の負担施術

長年にわたる疲労の蓄積をとるには、身体の深部に働きかけるような特別な技術が必要です。
疲労は体のコア(中心)にたまっていますので、細かい振動を使って深部を動かし血流を促進し疲労を取り除きます。

4

椎間板の変性で脊柱管を圧迫することへの施術

椎間板の働きを改善すために、脳脊髄液(脳と脊髄を調整する液の流れ)をよくします。この液は脊柱管の中を巡っていますので、この流れがよくなると椎間板の働きが回復に向かい状態が良くなります。
また、椎間板への圧力を均一にして体への負担をなるべく減らす整体をします。

5

椎体がすべり症でズレたり骨の変形で神経を圧迫することへの施術

骨の変形を予防、軽減させるには無理のない適切な運動が必要です。
ただし、脊柱管狭窄症やすべり症の方には背骨に負担をかけるような動き、運動の癖がありますので正しい動きができるようにする必要があります。
ですので、正しい動きができるように整体で背骨の動きを整えます。

6

靭帯の肥厚に対しては、椎間板の変性の施術と同じように脳脊髄液の循環を改善する必要があります。
また、腰椎椎間関節の負担を減らして動きをなめらかにするための整体をします。

7

すべり症や背骨の歪みで脊柱管を圧迫することへの施術

◼︎脊柱管狭窄症やすべり症の背骨の歪みを改善していきます。
◼︎また、足関節・膝関節・股関節の調整をします。
◼︎その他、骨盤・背骨の歪み・ズレの調整もします。
腰の部分的な歪みに目がいきがちですが、歪みは全身の歪みから腰への負担で起こりますので全身の調整が必要です。
当院では、合計7つの原因に対して施術をすることで、たくさんの脊柱管狭窄症やすべり症で悩む方が改善されています。