足の痛み痺れの種類や症状

足の痛み痺れについて

足先が痛み、痺れる場合、色々な痛み痺れ方があります。
ジンジンと痺れたり、ピリピリと痛みを伴って痺れたり、感覚がなくなって、触っても感じないような感覚麻痺を伴った痺れ方があります。

足の痛み、痺れの原因はたくさんありますが、共通しているのは、身体のどこか最終的に神経に異常を起こす、神経症状であると言えます。

足の痛み、痺れの原因となる病気

①坐骨神経痛

坐骨神経痛は症状名(足が痺れたり、痛む状態をあらわす)であり、病名(病気の名前)ではありません。

坐骨神経痛を起こす病気としては、

腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
梨状筋症候群
腰椎分離・すべり症

上記の病気が組み合わさって起こる場合があります。

診断は、「整形外科」でレントゲンやMRIを撮影します。

②閉塞性動脈硬化症

足の冷えや痺れからはじまり、動脈がコレステロールの沈着で硬化することによって起こります。
やがて、痛みや引ひきつり、痺れが増して歩行困難になります。両手足の血流を測定することで簡単に診断ができます。

診断は、「 循環器外科」「血管外科外来」「心臓血管外科」「循環器内科」
またお近くに該当する病院が無い場合もあるとお思いますのでその場合には、外科と内科の両方を兼用でやっておられる病院で検査や相談をしてください。
これにより、早期発見もしくは、大学病院といった病院を紹介していただけることもあります。

③モートン病

モートン病は、足の第3、4指の間に痛み、痺れ、灼熱感などの症状が現れます。障害部位は第2~3、4~5足指間のこともあります。
足底に有痛性の腫瘤ができる場合もあります。
中腰の作業や、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。

診断は、整形外科

④痛風

痛風は尿酸値が体の中に溜まって、それが結晶になって激しい関節痛を起こす病気です。原因は血液中の尿酸値が高くなることです。
特になりやすいのが足の指で、つけ根の関節が赤く腫れて強い痛みをともないます。

 

診断は、内科に行くとまずは検査を行います。1つ目は血液検査、これで血液中の尿酸の濃度(血清尿酸値)を測定します。痛風と診断される数値は、7.0mg/dL以上です。

⑤外反母趾

外反母趾とは、足の親指が小指側に変形してしまい、指のつけ根の関節が腫れて、変形します。
主な原因はサイズの合わない靴やつま先の尖ったハイヒールです。さらに、外反母趾の多くは偏平足も伴っています。
また、足の横アーチがなくなって開帳足になっている場合が多くあります。足底の筋力の低下が原因と考えられます。

診断は、整形外科

⑥足根管症候群

足の裏が痺れて、両足が同時に痺れることはありません。
足の裏の神経は、内踝の下の神経を通って2本に分かれ、足の裏の内側と外側に分かれます。
内踝の下の神経の通るトンネルで神経が締め付けられて痺れが起こります。

診断は、整形外科

⑦脳梗塞

脳梗塞は、脳への血液を送る血管(動脈)が詰まるために起こります。
血管が詰まると、その先の脳細胞に血液が流れなくなって脳細胞が死んでしまいます。
足がもつれたり、ふらついたり歩行時につまづいたりします。
痺れや筋力低下がみられます。

 

診断は、脳神経外科

先端部の痺れや痛みには要注意

つま先などの身体の先端部に痺れや痛みが出る場合は、血管性の障害の疑いがあります。
神経の圧迫などによる痺れは、原因の圧迫を取り除くように治療をすれば、ある程度の時間があれば回復します。
しかし、血管の何らかの異常により、血液が流れない状態になっている時は、細胞組織が壊死して、切断しなければならない時もあります。
痺れと痛みは、深い関係があります。痺れが起きる前段階では必ず痛みがあると行っても過言ではありません。
痺れぐらいと簡単に考えずに、早く専門家に診てもらって解決しましょう。