「ニセ物」脊柱管狭窄症

「ニセ物」脊柱管狭窄症とは?

「ニセ物」の脊柱管狭窄症の症状

  • 布団の上で寝返りを打ったり、起き上がったりしたときに痛みがある
  • 座位から立ち上がるとき、痛みが出る
  • 歩き始めは痛いが、歩いていると少しづつラクになる
  • コルセットをつけるとラクになる

ニセ物の痛みの原因は「脊柱管のせまさ」にはない

病院での脊柱管狭窄症の診断はレントゲンやMRIを撮り、画像から慎重に判断しています。

確かに、画像では脊柱管が狭くなっているのがわかるので、それは本物の脊柱管狭窄症です。見誤ることはまずないでしょう。

しかし、痛みやシビレの原因が脊柱管狭窄症にあるかというと・・・必ずしも、そうではないケースがかなりあるのです。

MRIで脊柱管が狭くなっているのが推測できても、それが痛みやシビレの原因になっているのかまでは不明なのです。

脊柱管が狭くなり神経を圧迫して歩行が困難になったり、痛みやシビレが発症したりするのが本物の脊柱管狭窄症です。

そこで、脊柱管狭窄症が原因の痛みやシビレを「本物」、それが原因ではない症状を「ニセ物」としています。

「ニセ物」脊柱管狭窄症の痛みの原因は腰椎のねじれ

ねじれというのは、椎骨(うしろの棘突起)が10度の傾きにも満たないほど、左右どちらかにねじれているという状態です。

これはレントゲンを撮っても映りません。レントゲンでは椎骨と椎骨の隙間や前後のずれは推測できますが、ねじれまでは判断できません。

しかし、私が触診で背骨を両手ではさんで上から下になぞると、腰椎のあたりで背骨が右か左にねじれているのがわかります。

腰椎のねじれが原因の症状なのに、消炎鎮痛剤や薬、注射やリハビリなどの療法を施しでも(一時には症状はよくなっても)、すぐに痛みやシビレがぶり返してしまうでしょう。

では、症状を軽くするにはどうすればいいでしょう?

答えは簡単です。

ねじれを元に戻せばいいのです。

実際に、腰椎のねじれを確認できた患者さんにそれを正す施術(無痛で安全)をすると徐々にまっすぐになっていき、症状もよくなっていきます。

人によってはその場で痛みやシビレが改善するケースもあります。

腰椎は日常のちょっとした動作の積み重ねでねじれてしまう

腰椎のねじれの原因ですが、生活習慣が大きくかかわっています。

腰椎のねじれは腰椎の4番、5番に多く見られます。4番、5番は腰椎の下方にあり、体重を支えたり、体を曲げたりねじったりするときに、負担がかかるところです。

横座り、体をねじってテレビを見る、食事やデスクワーク、日常生活でほんの少し体をねじる動作が積み重なり、徐々に腰椎がねじれていくのです。

腰椎のねじれが下肢への「関連痛」を引き起こす原因に

腰椎のねじれは腰にあるのに、足にも痛みやシビレが出る理由は「関連痛」にあります。

痛みが患部だけでなく周辺にも伝わるのが、関連痛です。痛みの原因は腰椎にあるのに、この関連痛によって腰から下肢にかけての痛みやシビレも出ているのです。

関連痛は脳の「誤認識」によって生まれる

腰椎には、その後方の左右に「椎間関節」という小さな関節があります。

腰椎がねじれると当然、椎間関節に負担がかかります。これが動き始めの痛みやシビレの原因になります。「椎間関節性腰痛」という症状です。

具体的には寝返り、起き上がり、歩き出し、体を反らしたときなどに痛みが出ます。

また、腰椎と骨盤は連動して動いているため、腰椎にねじれがあると、仙腸関節にもねじれがあるケースもあります。

その場合には、体を前に曲げたとき(前屈)の痛みも出ます。

そして、関節には「関節包」という関節を包み保護している膜があり、膜の内側では関節の動きを滑らかにする滑液が分泌されています。関節に動きが悪くなると関節包は異常を察知し、大脳に異常を伝えます。

大脳は関節包から伝わった情報を痛みとして感じます。このとき、脳は腰だけでなく足の痛みやシビレとしても認識しているのです。(関連痛は脳の “誤認識” によって生じると言われています)

当院独自の腰椎のねじれへのアプローチ!無痛整体

施術の一例

写真は左右にスライドできます

背骨の調整 (うつ伏せになれる方のみ)

背骨の調整 (うつ伏せになれる方のみ)

骨盤・腰椎の調整

骨盤・腰椎の調整

頸椎の調整

頸椎の調整

当院で行う施術は、関節を数ミリ動かしたり、振動をあたえたりという、ちょっと不思議な方法です。

ねじれた腰椎を戻すのに、力でグイっと矯正するイメージを持たれる方も多いと思いますが、それでは関節を痛めるだけで、腰椎のねじれは戻りません。

大事なのは、関節を包んでいる「関節包」に正しい刺激をあたえることです。

長年の経験より、関節の動きを手のひらで感じ取り、無痛整体で腰椎のねじれを改善します。

また、同時に全身の関節のねじれを調整することで良い状態を維持しやすくします。

 

脊柱管狭窄症による朝の左足の痛みがずいぶん楽になりました

10ヶ月前から、左のお尻から足にかけての痛みで、朝方はほとんど腰が曲げられない状態で「藁にもすがる想い」でした。

施術を受けだして、朝の左足の痛みはずいぶん楽になりました。先生の説明は論理的で分かりやすいので、私と同じようにすべり症や脊柱管狭窄症の方にお勧めします。

田中圭子さん  大阪市住吉区 61歳 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

少し動くだけで激痛が走っていましたが、1ヶ月で改善しました

お客様写真

鎮痛剤が効かない坐骨神経痛の痛みで、少し動くだけでも激痛が走り、家事にも支障をきたしていました。

脊柱管狭窄症と診断されて、手術するのは嫌だったので来院しました。

施術を受け始めて1ヶ月くらいで痛みは感じなくなりました

日常生活での注意点なども教えていただき、勇気を出して来てよかったです。

大阪市住之江区 錦田さん 64歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

寝返りも出来なかったのが、だいぶ楽になりました!

お客様写真

今年の8月、農作業で椅子に長い間座った後に立ち上がって10mほど歩いた時、腰がギクッとなり強い痛みが走りました。

病院では圧迫骨折が3か所あり、脊柱管狭窄症と言われました。

3ヶ月経っても、寝返りや立ち座りでも痛みが走り動くことができないので整体を受けにきました。

1か月で寝返りや立ち座りがだいぶ楽に出来るようになってきました。

大阪府岸和田市 坂口さん 67歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

歩き出してすぐの痛みが改善できました

お客様写真

病院では脊柱管狭窄症と言われて、薬を飲んでも改善しなかったのでお世話になることにしました。

歩き出すとすぐに足腰が痛み、イスに座っていても、イスから立ち上がっても、お尻やから太ももが痛みしびれていました。

まったく痛みのない施術で、先生の言う通りに2ヶ月通ったら1時間30分歩けるようになりました

大阪府堺市 平尾年子さん 75歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

寝返りしてもつらかったシビレと痛みでしたが、1ヶ月で30分歩けるようになりました

お客様写真

脊柱管狭窄症による、しびれと痛みで寝返りもできず、少し歩くと疲れ果てていました。

鍼や電気施術も受けましたがの、一向に改善できず西住之江整体院に来院しました。

施術を受けて1ヶ月で足のしびれは殆ど改善して、歩く距離も長くなり30分続けて歩けるようになりました。

 

大阪府高石市 村田さん 76歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ほとんど動けない不安な毎日から解放されました!

お客様写真

10年前より、脊柱管狭窄症と側弯症で、整骨院や整形外科で施術を受け、痛み止めを飲みながらの生活でしたが、どんどん酷くなり、ほとんど動けない、歩けない状態で、不安な毎日を過ごしていました

そんな時、脊柱管狭窄症で手術を勧められていた親戚が、こちらで施術を受けて、目の前で良くなっていくのを見て来院を決意しました。

施術を受ける毎に少しずつ足も軽くなり、痛みも軽減されて歩行が楽になっていきました。

大阪府富田林市 田中美智子さん 79歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

足腰の痛みで室内での移動も大変だったのが痛みも改善され移動も楽になった

お客様写真

病院では、脊柱管狭窄症、ヘルニア、側弯症と言われていました。

腰から左足に激しい痛みがあり室内での移動も困難でした。

施術を受けて今では、痛みはほとんど無くなり体も動きやすくなりました。

施術の効果がはっきりっと出ています。

大阪府堺市 檜物さん 80歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ブロック注射もダメで、立つこともできない激痛が改善しました!

お客様写真

病院では検査の結果、脊柱管狭窄症と圧迫骨折。

右足からお尻、ふくらはぎに激痛としびれが表れ立つこともできず、救急車で病院へ搬送され検査の結果、脊柱管狭窄症と診断。

リハビリ専門病院に転移して、家中では少し歩けるようになっていました。

その後、痛みが再発してブロック注射を5回受けましたが回復せず、藁をもつかむ気持ちで来院しました。

最初はタクシーで通院していましたが、今では電車を乗り継いで通院できるまで回復できました。

大阪府八尾市 脇敏子さん 83歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

座って立ち上がる時や、1歩踏み出したときの腰痛が激減しました!

お客様写真

脊柱管狭窄症で、座って立ち上がるときや、1歩ふみ出すときの痛みと、右腰から太ももにかけてのシビレで病院での痛み止めも服用していたが、カートを押しての散歩も億劫になっていました。

整体を受けて、日によって痛みを感じることもありますが、座って立ち上がる時の痛みと1歩踏み出す時の腰の痛みは激減しました

歩行時に杖や人の腕や壁などの支えを必要としていたのも、短い距離ならゆっくりですが自力で歩けるようになり気持ちが前向きになりました。

施術時間も短く予約制で待つことが無いので通いやすいです。

大阪府堺市 小谷武子さん 84歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

代表あいさつ

はじめまして。白井雄彦(右側)と申します

私が整体の道を志した理由は、中学の部活柔道の練習で腰椎ヘルニアになり、病院や色々な整体に通いましたが回復できず苦しんだ経験からです。

その頃6歳年上の兄が柔道整復師になり整体への可能性を知り、ヘルニアを改善できる整体を学びたい一心で、まずは兄と同じ国家資格取得のため柔道整復師・鍼灸師の道に進みました。

そして整形外科や整骨院の勤務経験を経て1986年に大阪市住之江区に「西住之江接骨院」を開院しました。

今年で34年になりますが、身体の不調を訴えて来院してくださる方に良くなってもらいたい一心で、今も整体一筋に取り組んでいます。整体への情熱は今も20歳の時のままです!

そして、長男も鍼灸師・整体師となり他院での施術経験を経て西住之江接骨院で働き始めました。

その頃より慢性腰痛の方が多く来院されるようになり(接骨院では慢性疾患は保険適用できない為)「西住之江整体院」と院名を変更、

また2011年からは長男の白井天道(左側)が院長として整体院を牽引してくれるようになり、2冊の脊柱管狭窄症の書籍も出版しています。

私は、今までの整体経験をいかし60歳以上の方の施術に専念させていただいています。(息子の院長は59歳以下の方を担当しています)

今では、脊柱管狭窄症の専門院として、たくさんのお客様に喜んでいただき、症状改善の口コミや直筆の体験談が800件を超えました。

脊柱管狭窄症は、年齢と共に進行していき、放っておくと寝たきりになってしまう怖い病気です。

もしあなたが、脊柱管狭窄症でお悩みなら、ぜひ当院の施術を受けてみてください。

あなたからのご連絡お待ちしております。

西住之江整体院のご紹介

住所 〒559-0005 大阪市住之江区西住之江2-11-6
TEL 0120-998-045
営業時間 平日:10:00~13:00 / 15:30~19:30
土曜:10:00~13:00 / 14:30~17:00
定休日 水曜午後・木曜・日曜・祝日
駐車場 無料駐車場2台あり

近畿自動車道からの大和川線

湾岸線・阪神高速堺線 直結

車での行き方、駐車場の場所を確認する

最寄り駅 南海本線 住ノ江駅から400m 徒歩5分

阪堺電車 我孫子道駅から500m 徒歩5分

駅から当院までの道順を確認する

初回割引8000円→2980円

  • クレジットカードが使えます
  • paypayが使えます

電話番号:0120-998-045

ラインで予約する