外側大腿皮神経痛

当院で行っている具体的なコロナウイルス感染対策は以下の通りです。

●当院は予約制のため、他のお客様との接触は最低限となっています。

●5つの窓でこまめに換気を行い、3つの換気扇、3台の空気清浄機が常時フル稼働。

●お一人施術ごとに手指消毒を行っています。

●お顔や頭が触れる部分には使い捨てのフェイスペーパーを使用しています。

●お客様やスタッフが手を触れる所(ドア、受付など)をこまめに消毒しています。

●スタッフの健康管理を徹底し、必ずマスクを着用しています。

写真は左右にスライドできます

1. 専門書を出版している

1. 専門書を出版している

現在7回目の増刷。次回作も執筆中。

2. 喜びの声が日本一

2. 喜びの声が日本一

坐骨神経痛・足の痛みしびれの方だけで800件は、日本一です。(当社調べ)

3. 薬や注射が効かない症状ほど得意

3. 薬や注射が効かない症状ほど得意

バキボキしない安心・安全な施術

そもそも外側大腿皮神経痛とは?

外側大腿皮神経は、第2から第3腰神経からなり、股関節の前面部で鼠径靭帯の下を通って縫工筋の間に出現する(図参照)。

外側大腿皮神が、

  • 肥満
  • 妊娠
  • ガードル
  • コルセットの締めすぎ
  • 股関節を後ろに強く伸ばす
  • 長時間座る

などが原因で絞扼(圧迫)されて、図の黄色の部分に痛みが出るの症状を外側大腿皮神経痛(外側大腿皮神経絞扼障害)と言う。

なぜ、一般的な治療では改善しないのか?

整形外科では、太もも外側の痛みの原因を、椎間板ヘルニアだと思い治療をしていることがほとんどです。

そして、リハビリや服薬、ブロック注射、果てには手術…

なぜ、これほどまでして痛みが改善しないのか? 答えはすごく簡単です。それはヘルニア(ゼラチンの飛び出し)と痛みは無関係だからです。

では、その原因はどこにあるのか? それを西住之江整体院が解決いたします!!

当院ならではの治療法則「白井メソッド」

初回に腰椎のねじれ矯正を行うことで、痛みの本当の原因がわかる!

西住之江整体院では、

  • 腰椎疾患のべ9万5000人の施術経験
  • 開業から2代目30年以上の実績
  • AKA療法・AKS療法の習得

により、外側大腿皮神経を早期に根本改善する治療法則があります。

【第1の治療法則】 原因の50%は、腰椎のねじれである

見た目でわかるものから、病院ではわからないものまで、腰の骨を左右の中指で挟んでスーっとなぞると腰椎のねじれがわかります。

最初に、腰椎のねじれ矯正を行います。

骨盤・腰椎に軽く触れる程度の刺激で矯正が可能です。

痛みやしびれが改善した場合

痛みの原因は腰椎のねじれにあり、腰椎のねじれ矯正だけで、痛みが改善していきます。

これは原因の50%を占めます。

痛みやしびれが改善しない場合

痛みの原因は筋肉にある可能性が高いので、第2の施術法則へ。

【第2の治療法則】 原因の30%は、骨盤前面の筋のこり固まりである

腰椎のねじれ矯正で改善されない場合、骨盤前面の筋のこり固まりがあるか簡単な検査をします。

骨盤前面の筋のこり固まりが、大腿神経を締め付けている可能性があるからです。

 

骨盤前面の筋のこり固まりがある場合

骨盤前面の筋肉に対する施術で、筋のこり固まりがなくなり、外側大腿皮神経の絞めつけが無くなることで痛みが改善します。

これは、外側大腿皮神経痛の原因の30%を占めます。

骨盤前面の筋のこり固まりがない場合

痛みの原因は、腰骨の筋のこり固まりが椎間板に負荷を掛けている可能性があるので、第3の施術法則へ。

【第3の治療法則】 原因の20%は、腰骨の筋のこりかたまりである

第1、第2の施術で改善しない場合のほとんどは、腰椎のストレート化が原因です。

腰椎は、正常では前が凸の滑らかなカーブを描き、このわん曲のバネが様々な衝撃を吸収して、腰椎やその中の神経を守ります。

しかし、長時間の座位や前傾姿勢、重たい物を持つことにより、腰骨の筋がこり固まりを起こし、腰椎が正常にカーブしなくなります。

これを腰椎のストレート化と言い、座位姿勢での自身の体重や動作時の衝撃が、椎間板や腰椎の間の関節に負担をかけて、下肢の痛みやしびれを引き起こしてしまいます。

 

腰骨の筋肉に対する施術で、筋のこり固まりがなくなり、腰椎が正常で滑らかなカーブを描くことにより、様々な衝撃を吸収できるようになります。
結果、椎間板ヘルニア様の下肢の痛み、しびれなど辛い症状から解放されるのです。

※必要であれば1日、2~3分の簡単自宅トレーニングをして頂きます。

はじめまして。白井天道(左側)と申します。

西住之江整体院は父が1986年(昭和61)年に開業しました。私は2010(平成22)年より後を継ぎ、院長として日々、多くのお客様の「痛み」に向き合い、症状の緩和に努めています。

私は高校時代に、柔道の部活中にぎっくり腰を発症し、それが原因の坐骨神経痛(お尻から太もものうしろ側が痛くなる症状)に悩まされました。

痛みのせいで落ち着いて授業を受けられず、

やりたいことも思うようにできないもどかしい思いを経験しているのです。

この痛みをなんとかしたい、痛みを気にせず思いっきり体を動かしたい。そう強く願ったものです。

私がこの仕事に進んだ原点には、私と同じようにつらい思いをしている方の痛みを和らげ、日々を快適に過ごしてほしいという思いがありました。

そのつらい痛みやしびれで苦しんだ経験を、私と同じ足腰の痛みで悩まれている方のために役立てたいと思い日々施術をしています。

外側大腿皮神経痛は放っておくと怖い病気です。

もしあなたが、大腿神経痛でお悩みなら、ぜひ当院の施術を受けてみてください。

きっと「来てよかった~」と喜んでいただけると思います。

あなたからのご連絡お待ちしております。

初回施術の流れ

初回の施術はトータルで30分になります。

写真は左右にスライドできます

1. 受付・問診表の記入

1. 受付・問診表の記入

先ずは問診票に必要事項・痛みや気になる症状をご記入いただきます。

2. 問診

2. 問診

問診票に基づいて、問診致します。些細な事でも構いませんので気になる事があれば、どんどんお話し下さい。

3. 検査(評価)

3. 検査(評価)

現在の身体状況の把握、腰椎のねじれチェック、動作チェックなどを行います。

4. 腰椎のねじれ矯正

4. 腰椎のねじれ矯正

検査(評価)に基づき腰椎のねじれ矯正を施します。
軽く触れている程度の優しい力で施術します。

5. おわりに

5. おわりに

最後に「現状の把握」「今後の治療予測」「今後の治療方針」などの説明をさせていただきます。

西住之江整体院のご紹介

住所 〒559-0005 大阪市住之江区西住之江2-11-6
TEL 0120-998-045
営業時間 平日:10:00~13:00 / 15:30~19:30
土曜:10:00~13:00 / 14:30~17:00
定休日 水曜午後・木曜・日曜・祝日
駐車場 無料駐車場2台あり

車での行き方、駐車場の場所を確認する

最寄り駅 南海本線 住ノ江駅から400m 徒歩5分

阪堺電車 我孫子道駅から500m 徒歩5分

駅から当院までの道順を確認する

キャンペーン

  • クレジットカードが使えます
  • paypayが使えます

電話番号:0120-998-045

ラインで予約する

Q、施術は痛くないですか?

A、当院の施術はバキバキ矯正する・グイグイ押すなどの、痛い・怖い事は一切しないのでご安心ください。

 

Q、レントゲンやMRIの画像は必要ですか?

A、お持ちいただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

 

Q、だいたい何回くらいで良くなりますか?

A、直接お身体を診ずに、だいたいでお答えするような無責任な対応はしておりません。

検査、施術してお身体の反応を見ながら説明させていただきます。

 

Q、駐車場はありますか?

A、当院専用の駐車場が2台分ありますのでそちらをご利用ください。

 

Q、どのような服装で行けばいいですか?

A、ゆったりとした服装が望ましいです。通常、ご来院時の服装で施術します。

検査では足を上げたりしますので、スカート、硬い生地のズボン・シワになると困るものはなるべくお控えください。

着替えを用意されて来る場合は、施術時間より少し前に来ていただき着替えてからお待ちくださるようご協力をお願いします。