●42歳 女性 1日中痛みが続いて、ジンジンとした強い痛みとしびれがある。

椎間板ヘルニアの改善症例の一部をご紹介します

当院の整体で実際に椎間板ヘルニアが改善された事例を紹介します。

あなたと同じような症例かもしれませんので参考にしてください。

患者

女性 42歳 会社員

来院

2019年5月

症状

パソコンを使う仕事なので座っている時間が長く、1年くらい前から座っていると右下肢に軽いしびれや痛みがあった。

3日前から痛みとしびれが強くなって机の物を取ろうと手を伸ばしたり、ふり向こうとしたときなどに激痛が出るようになった。

それまでは歩くのは大丈夫だったが、最近は歩いて体重がかかると右足が痛むようになり足をひきずる感じになっている。力も入りにくく踏ん張りがきかない。

治療内容と経過

2週間で、体勢を変えるときの痛みは軽減する

1ヶ月で、右下肢の痛みは軽減し、歩行時の痛みも8割ほど良くなる。

2ヶ月で、長時間座りすぎると軽い痛みしびれが出るが、歩行や動作時の痛みは出なくなる。

3ヶ月で、痛みやしびれが出なくなったので施術を終了する。

施術方法

腰椎のねじれ調整、腰椎のストレート化調整、坐骨神経調整

まとめ

椎間板ヘルニアの場合、ヘルニアの大きさや、しびれの強さ、症状の長さによって改善できる期間は変わってくる。

この方は、中程度ほどの状態で、順調に改善されていきました。

もし、重度の椎間板ヘルニアの場合は、痛みの改善に3ヶ月、しびれの改善に6ヶ月程度の期間が必要である。