●70歳 男性 間欠性跛行があり、5分くらい歩くと両足に痛みとしびれが出る。

脊柱管狭窄症の改善症例の一部をご紹介します

当院の整体で実際に脊柱管狭窄症が改善された事例を紹介します。

あなたと同じような症例かもしれませんので参考にしてください。

患者

男性 70歳 自営業

来院

2019年8月

症状

20代から年に1~2回、ぎっくり腰になっていた。60歳くらいから足がしびれたり坐骨神経痛になったりしていたが、湿布やマッサージでよくなっていた。

3年くらい前から足のしびれが強くなり、痛みも長引くことが増えた。

今年の1月から間欠性跛行が出るようになり、歩きはじめて5分くらいたつと両足に痛み、しびれが出てくる。

座るか前かがみになると、痛みとしびれがおさまってくるので再び歩くことができるが3~4分たつと痛くなるので座って休むをくり返す。

夜中の寝返りや、トイレに立つ時に痛くて辛い。