整体内容

当院では、腰椎疾患のべ9万5000人と向き合い続けた結果、

痛み・しびれの原因を

  1. 関節の異常
  2. 筋肉の異常
  3. 神経の異常

だと考えています。

初回に検査をして、1~3のどこに問題があるかを調べます。

問題のある場所によって、改善までの期間・回数が変わってきますので検査後に説明します。

1、関節の異常

骨盤の関節である仙腸関節の動きが硬くなると、痛み・しびれの原因になります。

腰椎がねじれると骨と骨のすき間が狭まり、痛み・しびれの原因になります。

2、筋肉の異常

全身のそれぞれの筋肉は、正常な伸び縮みができることでバランスをとっています。

筋肉の伸び縮みが異常をおこすとバランスを崩し、腰椎のわん曲の前弯が強くなったり、腰椎がストレート化して痛み・しびれの原因になります。

3、神経の異常

腰部の脊柱管で神経が圧迫されると間欠性跛行の症状が現れます。

間欠性跛行とは、数分は普通に歩けますがやがて足に痛み・しびれが出て歩行が困難になりますが、座ったり腰をかがめたりして、しばらく休むとまた歩けるようになるという症状です。

頸部の神経に異常を起こすと手に痛みやしびれが出たり、足の痛みしびれがさらに悪化することがあります。

1、関節の異常を整える施術

検査で関節の動きを調べて、骨盤から腰椎の関節までを整えます。

仙腸関節・腰椎のねじれを施術することで痛みやしびれが改善されます。

矯正のようにボキボキしませんのでご安心ください。

腰椎のねじれ

2、筋肉の異常を整える施術

検査で筋肉のバランスを調べて、伸び縮みが異常をおこしている筋肉を施術します。

筋肉のバランスが整うことで腰椎のわん曲が軽減して、痛みやしびれが改善します。

腰椎のわん曲

3、神経の異常の施術

間欠性跛行の施術

神経の異常のうち、間欠性跛行は、腰椎のねじれと下半身の筋肉の異常を施術することで神経が徐々に回復して痛み・しびれが改善します。

頸部の問題の施術

神経の異常のうち、頸部の問題は、頸椎のねじれと首から肩まわりの筋肉の異常を施術することで神経が徐々に回復して痛み・しびれが改善します。