整体後のアドバイス

当院の整体後の身体の変化

  1. 全身の血流が良くなります
  2. 歪みの調整をしているので体が変化を感じやすくなっています
  3. 自律神経も良い方向に整っていきます
  4. 新陳代謝が活発になり、体に溜まった老廃物を体外に排出する力が増します
  5. 過度に緊張した筋肉はゆるみ、逆にゆるみ過ぎた筋肉は適度に張りが戻ります

整体を受けた後の注意事項

  • お風呂(施術後5時間は入らない、42度以下、10分以下)
  • 飲酒(飲酒をしない)
  • 激しい運動(安静に過ごす)

お風呂(42度以上、長湯)は整体の効果を減少させる

特に、冬は寒い脱衣所から熱いお風呂に入ることで血圧が上昇しますが、その後、体が温まってくると血管が広がって血圧は下がります。

年齢とともに動脈硬化は進んでいくので、このような血圧の変化でのリスクが高まります。

  • 整体で血流が良くなっている効果を打ち消してしまいますので、整体後5時間は入浴をしないでください。

5時間を過ぎて長湯する時は、入浴前にコップ1杯の水を飲むようにしましょう。

飲酒で身体に負担をかけすぎない

お酒を飲むと、血管拡張作用があるので血流が良くなり血圧は下がります。アルコールの脳への影響としては、大脳皮質の機能が低下し抑えられていた活動が活発になり、体全体がリラックスして筋肉がゆるみます。

そして、体内で吸収されたアルコールの大部分が肝臓で処理されるため肝臓に負担がかかります。

  • 整体で血流が良くなっているので、飲酒で更に血流が増すと身体に負担がかかり過ぎてしまいます。

激しい運動で悪化させない

過度に筋肉をストレッチし過ぎたり、身体に負荷をかけ過ぎると痛めている患部が炎症を起こし悪化させる場合があります。

  • 整体で関節の調整をしているので、激しい運動をして整えた関節を、再びズレさせてしまうことがないように施術当日はできるだけ安静に過ごしてください。

できれば、横になって休むのが理想ですが、寝てしまうと生活のリズムが狂ってしまうという方は、目を閉じて目からの情報が脳に伝わらないようにするだけで、脳の8割を休めることができます。そうすると、全身がリラックスして整体の効果が高まります。目を閉じてリラックスする時間は10分程度でもかなり効果があります。

整体後の自己管理方法について

基本的には病気の原因は生活習慣にあります。当院の治療で根本的な改善はしていますが、今まで通りの生活をしていると少しずつ悪くなってしまいますので、これを機会に生活習慣の見直しをしてみてください。

自己管理できるように、簡単ではありますが日常生活で気を付けることをまとめてみました。ぜひ実践して自己管理していきましょう。

食生活

基本的には和食が理想的です。タンパク質やビタミン、カルシウムなどをバランスよく取るように心がけます。お弁当などが多い場合は、油ものが多くなり野菜も少なくなるので気をつけましょう。

どうしても外食やお弁当などが多い場合はサプリメントなどで栄養を補うようにしましょう。

飲酒

飲みすぎに注意して、週に1回は休肝日を作るように心がけましょう。

喫煙

喫煙も健康に非常に害がありますのでできれば禁煙することが望ましいです。

運動

1日30分歩くようにしましょう。(できれば連続して歩くのが望ましいです)

歩くのが辛い方は、エアロバイクで代用しても構いません。

特に筋トレなどは必要ありません。(もしされる場合はパーソナルトレーニングなどできっちりとした方法で行ってください)

体操

当院でお伝えした(各個人に合わせた)体操を予防のために行ってください。

睡眠

1日7時間の睡眠をとりましょう。寝具などは寝返りがしやすく、朝起きたときにできるだけしんどくならない物を選びましょう。

姿勢

猫背、足を組む、横座り、肘をついて横に寝る、片足に重心を乗せて立つなどできるだけしないように心がけましょう。座ることが多い場合は、30分に1度は立って体を動かしましょう。

以上の点を実践していただければ、健康なカラダを維持することができます。

もしも、自己管理が難しい方や仕事などで負担が多きすぎる方、ストレスが多い方などは、希望により定期的なメンテナンス施術も行っております。

日常生活の中で注意すること

☑椅子に座るとき、お尻を奥までつめて背筋を伸ばす(これが一番重要です!)

☑ソファー、座椅子は使わない、横座りをしない(床に座るときは正座だけ)

☑足を組まない、もし組む場合は背筋を伸ばして組む足を入れ替える。

☑患部や痛いところを強く押したり揉んだりしない

☑自己流のストレッチや体操、足裏のマッサージはしない

☑片足に体重をかけて立たない

☑寝具を長年使用してお尻の部分がへこんでいる物は使わない

☑暴飲暴食に注意して、冷たい飲み物を飲みすぎない

☑偏った食生活にならないように注意する

☑運動不足にならないように無理せず歩く等適度な運動をする

☑バックを肩にかける、物を持つ時、いつも同じ側の方にかけない、持たない

☑いつも同じ方向に首を傾けない

☑仕事中や勉強中、テレビを見る時など片肘をつかない

☑机に向かい(デスクワーク中等)あごを引き背筋を伸ばす

☑喫煙者の方はタバコの本数を減らす(禁煙するのが望ましい)

☑肘枕をして横にならない

☑うつ伏せに寝て本やテレビを見ない

☑座り続ける時は、できれば30分に1回は立つなどして身体を動かす

☑歩くときに胸を張らない(座り姿勢が良ければ立ち姿勢は自然と良くなる)

☑首、背中、腰を無理に動かしてボキボキ鳴らそうとしない

☑体を強く締め付ける下着やガードルは着用しない

☑当院の施術を見様見真似で家族や友人に施術してもらわない

 

当院は、施術+セルフケア+生活習慣の改善で根本改善を目指しています。

上記を守ることで、施術の効果を最大限に引き出すことができます。